リンクシェア レビュー・アフィリエイト
ちょいと前にリンクシェアフェアっていうアフィリエイター向け見本市みたいなのに行ってきたんですが、そん時にとっても気になったブツがあります。「HP Slate 2 Tablet PC」です。

HP Directplus オンラインストア

スレートPC。普通のデスクトップパソコンとかに入ってるwindowsがそのまんま使えるiPadみたいな形のパソコンです。なんか普及しそうでしないまま結構な時間が過ぎている気がしますが、今回この「HP Slate 2 Tablet PC」を見て「これは良いものだ!!」と思いました。

外観はこんな感じです。

重さは690g。iPadと同じぐらいですね。電池は6.7時間程度持つそうです。ストレージはもちろんSSD。

上面。ちょっとブレちゃってますが・・・

音量UP/DOWNボタン。

USBポート。

中央右側がHomeボタン、中央左側がCtrl+alt+delボタン。このCtrl+alt+delボタンを用意しちゃってるのはちょっと弱気な気がしますが(笑)、キーボードの無いスレートPCにはどうしても必要なんでしょう。固まったらにっちもさっちもいかなくなっちゃいますからね。

下面には電源コネクタとスピーカー。

左側面。マイク、キーボードボタン、SDカードリーダーを装備。3G対応モデルではSIMのスロットも付くそうです。

右側面。マイク入力、ヘッドフォン出力、電源スイッチ、画面回転ロックができます。

背面。

HPのロゴとカメラがついてます。

で、windows7搭載なのでいつもの感じで使えます。左下隅をつっつけばスタートメニューが出るし、

Microsoft謹製の電卓も使えます。

ストレージ容量の表示もいつものwindows7と同じです。というかwindows7そのものが動いてるので当たり前ですが。

エクスペリエンスインデックスは2.0。まあ、こんなもんでしょ。重たい処理をするためのPCではないですからね。

で、これが誰に良いと思ったかというと、勉学に励む大学生さん。

今の大学の講義資料は電子データ。

ちょこっと前の記事に書いたのですが、私はandroidタブレットであるedentabを大学生の娘にあげました。大学で、PDFファイルを電子データのまま配布して講義をすることがあるからです。昔は黒板にチョークで書いて講義をするのが普通だったと思うんですが、今は大学の講義のやり方も変わってるんですね。

で、私の娘はandroidタブレットでPDFファイルを見ながら講義を受けているわけですが、やっぱり最初は戸惑ったみたいなんですよ。「android端末でPDFファイルをダウンロードして見る」って、知ってる人は簡単にできるでしょうが、ギークでもなんでもない普通の女子大生であるウチの娘はやり方が全然わからなかったようで、何度も私に聞きに来たものでした。ウチの場合はたまたま私がサポートできたから良かったですけど、「普通の人」がいろいろやるってのは難しいことだと思うんですよね。

「いつも使ってるwindows」こそが最強!

その意味では、「いつも使ってるwindows」を使えるスレートPCってのは最強だと思います。どこにでも手軽に持っていけて、しかもいつもと全く同じ感じで使える。androidタブレットとかiPadとかも良いものだと思いますけど、やっぱり操作の仕方はいつものwindowsとは当然違っていて、それに馴染むには時間がかかります。そんなことに時間を費やすのはもったいないです。「一分一秒を惜しんで大学の講義に集中して欲しい」と、親としては思います。

いつでもどこでも手軽に、いつものwindowsを使える。普通の人が普通に使うタブレットとしては、これが最強の利便性だと思います。

値段は69,800円から。

正直、高いと感じます。けど、利便性も最強だと思います。ウチの娘には安いandroidタブレットを使わせてますが、もしもうちょっと早く存在を知っていれば、そしてもうちょっとお金に余裕があれば、間違いなくこのHP Slate 2 Tablet PCを買っていたと思います。大学には4年間で数百万円の授業料を支払うことになるわけで、その勉学を充実させられるなら10万円以下の出費なんて誤差の範囲と思えなくもないです。

ウチの娘はandroidタブレットにだいぶ慣れつつあるので、このタイミングでこのHP Slate 2 Tablet PCを知ってしまって私としては痛し痒し。う~ん、娘に使いたいかどうか聞いてみよっかな。

HP Directplus オンラインストア