koboの記事を何度か書いてきてるわけですが、「kobo 電源オフ」みたいなキーワードで検索をかけて来る人がいっぱいいることに気づきました。電子インクの特性を知っている人には自明なことなんですが、この手のガジェットはあんまり浸透していない事もありますし、ちょっと書いておこうと思います。

kobo touchの電源を切った状態では、画面はこんな感じになります。

画面上部に「スリープモード」と出ています。これが出ている状態で、もう電源が切れています。

画面上に文字が映ったままなので「これでホントに電源切れてんの?」と不安になるわけですが、大丈夫です。これで切れてます。

koboは「電子インク」を使っています。これはどんなものかというと、砂鉄を磁石で動かして文字を動かしているようなイメージで文字や絵を映し出しているんだそうです。なので、電源を切ってもその砂鉄部分は動かないので、画面は映ったままになっているというわけです。

この不安さは電子インクを使った機器を初めて使う人は必ずハマるところらしいのですが、まあ、たくさん使って慣れましょう(笑)。