昨日の記事で書きましたが、私は10年来のMSRドラゴンフライを愛用者です。コイツは灯油を燃料に使いながら火力調節が簡単快適な、稀有な能力を持つ火器です。
MSRドラゴンフライストーブ

しかし、本体金額が高いのが玉にキズ。そこで、どのくらいこのドラゴンフライを使ったら元を取れるのか?ということを簡単に計算してみました。比較対象は、カセットガスを使用する火器としては安価なイワタニカセットガスジュニアバーナー2

イワタニカセットガスジュニアバーナー2

仮定は以下の通り。

  • 買うものは灯油以外は全てナチュラムの通販で購入
  • 購入時の送料は考慮しない
  • 家族4人で1泊のキャンプを想定し、
    • ドラゴンフライの灯油消費量は夜と朝で1リットル、灯油の価格はリッター100円
    • イワタニカセットガスの消費量は夜と朝で1本づつ、合計2本

そうすると、基本的な数字はこんな感じになります。

本体金額 1泊の燃料コスト
MSRドラゴンフライ 17,640円 100円
イワタニカセットガス
ジュニアバーナー2
3,400円 520円

で、計算はこんな感じ。

本体金額の差 14,240円
1泊の燃料コストの差 420円
本体金額の差/1泊の燃料コストの差
= 元を取るための泊数
約34泊

ということで、ドラゴンフライを買う場合は34泊すれば元を取れる、という結果。

さて、これをどう考えるかですが・・・、まず、旅行系サークルに入っている大学生さんなら、この泊数は半年くらいでクリアできますね。なので、明らかにドラゴンフライを買った方がいいです。問題は家族でキャンプをする方々ですが・・・、どうですかね、この泊数は。ワンシーズン3回くらいキャンプに行くとして、クリアするのに11年くらいかかるかな?という感じですね。そう考えると結構長い道のりに思えます。

ただ、燃料が灯油という事は入手が簡単です。キャンプに行くときには必ずガソリンスタンドには寄るでしょうから、その時に簡単に灯油は手に入ります。対して、イワタニのカセットガスはなかなか手に入らないですよね。なので計画的に準備しておく必要があります。つまり、ドラゴンフライを買った方が「気軽に」キャンプに行き、夏の思い出を作る事ができるということになります。

何しろ思い出はプライスレスですから(笑)、それを考えると多少初期投資が必要でも、ドラゴンフライを買った方が良いんじゃないかな?というのが私の意見です。キャンプにいざ行こうとしたときに、色々と準備が面倒だと気分が萎えますよね。ドラゴンフライを買えばその面倒を一つ解消できるわけで、便利を買うという意味でも、その方がいいかもしれません。

ということで、キャンプでたくさんの思い出を作りたい方は是非MSRドラゴンフライを検討してみて下さい!
MSRドラゴンフライストーブ

ドラゴンフライ関連記事: