ウチの家族はキャンプが大好き。この夏も、何度か行くと思います。そのために、今日は火器のチェックをしました。火器の名前は、MSRドラゴンフライ。

MSRドラゴンフライストーブ

私はコイツを今から10年以上前、大学時代に買いました。ウチのドラゴンフライはこちら。

使い込んで、今ではボトルの文字がほとんど見えなくなっちゃってます。こんな感じ。

私は大学時代にサイクリング部に入っていて、これを持って自転車で何万キロも走りました。貧乏学生だったので外食はあまりできず、夜はコイツでゴハンを炊いて、味噌汁を作って、おかずを作って食べたものです。釧路ではホタテを焼き、四国の佐田岬ではサザエを焼き、山口の須佐町ではイカを焼いて食べました。新潟では地元のおじさんと、これで熱燗をしながら酒を飲みました。結婚後は夏に家族でキャンプに行くたびに押入れの奥からコイツを出しているわけですが、出すたびにそんな学生時代の思い出が一気に頭の中を埋め尽くします。

そんな思い出に浸りながら、ちゃんと使えるかチェックです。まずはボトルの中身。ボトルの頭のところは、回すとこんな感じで外れます。

頭の部分の全体像はこんな感じ。この頭の部分の中身は色々と複雑な仕組みになっているようなのですが、そういうのを全く知らなくても問題なく使えます。実際、私は全く知らないですが使えてます。

ボトルの中身は灯油。ドラゴンフライは灯油とガソリン両方が使えるのですが、私は安全性を考えていつも灯油を使っています。灯油は基本的には液体のままでは燃えません。それに対してガソリンは液体のままでも燃えたり爆発したりするので、相対的な危険度は高いのです。
そんな、学生時代に身につけた細かい知識を小学生の息子に教え、受け継いでもらうというのもなかなかロマンを感じて良いものです。私にとってのキャンプの醍醐味の一つになっています。

次に本体部分の組み立て。といってもごく簡単です。動画にしました。

そして、本体とボトルを繋げます。

繋げた状態。

そしてここからが本番。灯油を使う火器は、一般的に「プレヒート」という作業が必要です。火を焚く前に、本体部分を暖める必要があるんです。このドラゴンフライも同様にプレヒートが必要なのですが、それもコイツは簡単です。下の動画のようにポンピング(柄をピストン運動させて空気を送り込むこと)して、少し灯油を出して、灯油を止めて、出した灯油を下の受け皿にこぼして、火をつけて放っておけばOK。

2~3分ほどプレヒートしたら本番です。更にポンピングして火力を強めればOK。この動画では良く見えませんが、透明な、かなり強い火が出ています。火が透明なのは、不完全燃焼を起こしていない良い火である証拠。「火は透明であればあるほど良いんだぞ」というのも息子に教えました。

MSRドラゴンフライは火力調節が簡単なのも大きな特徴。一般に、灯油やガソリンを使う火器は火力の調節が難しいです。一方、ガスボンベを燃料に使う火器は火力調節がラクなのですが、そのガスボンベの値段が高く、なおかつかさばるのが難点。しかし、このドラゴンフライは灯油を使う火器でありながら火力調節がムチャクチャ簡単&快適なんです。下の動画のように自由自在。火が透明なので目で見ただけではわかりにくいですが、音で火力の増減がわかると思います。

試しに、1リットルの水を沸騰させてみました。ノーカットでアップしていますので気になる方は見てみて下さい。6分くらいで沸騰しました。かなりの強火力。見てわかる通り、鍋のフタがちょっと浮いている状態で火にかけたので、ちゃんと閉じて沸かせばもっと早く沸いたはずだと思います。とにかく優秀です。

買った当時、私にとって、このドラゴンフライは高級火器でした。当時の価格で3万円くらいだったかな。今見ると本体が15,750円iconボトルは1,890円icon。今のところ、ナチュラムではドラゴンフライを買うと特別に送料無料になるようなので、合計で17,640円です。この10年でだいぶ安くなりましたね。貧乏学生だった当時、私にとって3万円という値段はかなり勇気の要る買い物でしたが、今振り返ると、心の底から「買ってよかった!」と思えます。

そんなわけで、学生時代から10年以上経った今でもこのドラゴンフライを愛用しています。これだけの強い火力と柔軟な火力調節ができて、プレヒートも簡単。しかも安価な灯油で火を起こせる。この高い能力を持っているからこそ、10年間使い続けることができ、学生時代の思い出と、結婚後の家族との思い出を繋げる事ができたのだと思います。できる事なら、これからももっともっと長く使い続けて、私の孫や曾孫たちにも受け継いでもらって、さらにたくさんの思い出を作り、繋げていって欲しいものです。

ちなみに上でも少し書きましたが、MSRドラゴンフライは基本的に本体部分とボトルは別売りになっているようです。下記リンク先の15,750円で売っているMSRドラゴンフライは、本体部分だけです。その下にボトルのリンクもつけておきました。ボトルは1,890円です。セットで買うのをお忘れなく!
MSRドラゴンフライストーブ

MSR燃料ボトル