ベッタベビーストアの株式会社ズーム・ティーさんにお邪魔してきたわけですが、今回はスリングをご紹介。以前も紹介した事がありますが、改めて教えて頂きました。

「スリング」って、私はベッタさんの勉強会に出るまでよく知らなかったんですが、要するに「抱っこ紐」のことです。ただ、「紐」って感じではなくて、布で包み込むように赤ちゃんを抱っこします。こんな感じ。

ちょっと角度を変えて写真を撮ったのがこちら。こんな感じに、赤ちゃんにあぐらをかいてもらって入ってもらうのが正解です。

これを見てハっとしたのですが・・・、スリングはお股が痛くならなくて良さそうですね。

スリングじゃない抱っこ紐だと、男のこの場合はお股が。。。

私はウチの子が小さいときはアップリカとかのだっこ紐を使っていました。こんなの。
【送料無料】新生児から3才頃まで使える4way Aprica(アップリカ) イージー・タッチ フィッタ ランドグレイ 39298(1) GR

by カエレバ

これを使っていたわけですが、赤ちゃんは股の下に布を通して吊られてるような感じになりますよね。これって・・・、男の子は痛いんじゃないかなあと思います。ずっと忘れてましたけど、息子が赤ちゃんの頃、たまに抱っこ紐で長時間外出したりすると

「お股は痛くないのか?泣かないから痛くはないんだろうけど・・・、大人だったら痛いよな。」

と、なんとなく不安を覚えたものでした。

まあ、お股の問題はともかく、ベッタのスリングは赤ちゃんをスッポリと包んで抱っこするから、赤ちゃんからすればそっちの方が絶対に快適だと思います。あぐらをかいてドッシリと包み込んでもらえますからね。

ちなみに、ベッタのスリングは畳むとこんなに小さくなります。使わないときは収納もラクチン。

ベッタのスリング キャリーミー!、とても便利ですよ。

ベッタ関連記事: