この4月からお子さんが一人暮らしを始めるというお父さん。今、寂しいですか?寂しいでしょ(笑)。お子さんの一人暮らし、心配ですよね。でも、お子さんを信じるしかありません。もう、お子さんを直接守ることはできないのです。

でも、何もできないわけではない

一緒に住んではいません。でも、だからといって何もできないわけではないですよね。別に一生会えなくなるわけじゃないし、色んな知恵を教えたり、導いたりすることはできます。

その「導く」ことの手段の一つが、高級な印鑑を買うこと。一人暮らしをするとなれば、印鑑は必要になりますよね。印鑑といえば、契約行為。20歳を過ぎた瞬間に怪しい宗教団体とか訪問販売とかがどこからともなく群がってくるのもよくある風景です。心配ですよね。どんな契約にも印鑑はつきもの。だから、その印鑑に強い意味を持たせて、契約の瞬間に「本当にこのハンコ、押していいのかな?」って、一瞬思ってもらえるようにするのも、お子さんをサポートすることになると思うんです。その強い意味を持たせるために、高級な印鑑は効果的です。「良い印鑑を買ったんだから、契約するときはきちんと考えるんだよ。」と一言添えて、一人暮らしを始めるお子さんに餞別として渡せばよいのです。

「高級な印鑑」と書きましたが、正確には「高級に『見える』印鑑」です。別に何万円もする印鑑を買う必要はありません。お子さんの目から見て「あ、これは高そうな印鑑だ」と思ってもらえれば良いんです。例えば、この「芯持黒水牛」の印鑑 18mm丸


芯持黒水牛印鑑 18mm丸

これ、普通の100円の印鑑と違って太くてズッシリとしてる感じだし、艶のある黒に高級感があるでしょ?この印鑑でハンコを押すなら、お子さんはきっと「本当に、この契約していいんだよな?」って、一瞬慎重に考えてくれると思います。

この高級感のある印鑑。値段はなんと1,770円です。これを単体で買うなら別途送料470円がかかりますが、それを合計しても2,240円です。お子さんの心のブレーキを買うと思えば、ものすごく安い買い物だと思います。

これがもし象牙の印鑑だったりすると。


天然象牙印鑑

この画像の象牙印鑑は23,000円。さっき紹介した黒水牛の角の印鑑の軽く10倍以上します。ここまで高いのを買わなくても、その辺に売ってる100円の印鑑を避けて、上で紹介した1,770円の「芯持黒水牛」の印鑑を買えば、お子さんの心のブレーキは整えられます。

お子さんの門出に少しだけ高級な印鑑を渡して、お子さんの契約に対する意識を高めてもらいましょう!