日本HP(ヒューレットパッカード)さんのノートPC紹介イベントに行ってきました!

立派な建物ですよね。この建物はHPさんの自社ビルで、去年竣工したばかりだそうです。すごい。

場所は江東区大島。こういうイベントは渋谷とか新宿とかが多いのですが、珍しく東のほうでの開催でした。私としては行きやすかったです(笑)。

大きな地図で見る

ビルの入り口付近にはAKB48の5人が写っているコンテナがありました。PCのディスプレイのためのコンテナです。

この車で引っ張って移動するようです。ハマー?でしたっけ?とにかくごつい車。

コンテナの後では、キレイなお姉さんがAKBの5人のクリアファイルを配布していました。マニアならヨダレものなのかな?

コンテナ内はなかなかの盛況。

コンテナ内は混雑していたので、敷地内をウロウロしてました。このHPさんの自社ビルの1回はサーバールームになってました。しかもガラス張り。ガラス張りのサーバールームってセキュリティ的に大丈夫なのか??とちょっと思いましたが(笑)。

結局、コンテナ内はじっくり見ることができないままプレゼン会場へ向かいました。

この日のプレゼン対象は「ENVY14 SPECTRE」と「Folio」という機種。まずは「ENVY14 SPECTRE」。

デザインコンセプトその1、ミニマリズム。ノートPCの大事なところに着目し、磨き上げる。

デザインコンセプトその2、アナログとデジタルの融合。音量調節はアナログなホイールスクロールで行うそうです。・・・私としては「え、それだけで『アナログとデジタルの融合』って言い切っちゃうの?」とちょっと思いましたが(笑)。

ガラスとの運命的な出会い。後で写真を載せますが、この「ENVY14 SPECTRE」の筐体には美しいガラスが使用されています。これはかなりの高級感。

ユーザビリティ。充実のインターフェイス。タイピングしやすいキーボード。高解像度ディスプレイ。

インテルCorei7-2677Mプロセッサー搭載。4GBメモリ。Adobe Photoshop Elements 10、Premiere Elements 10。

音にもこだわり。Beats Audio ステレオスピーカー。アナログボリュームコントローラー。

美しい筐体。

で、お値段は159,810円から。ちょっと書き忘れましたが、ストレージはもちろんSSD。256GBです。バッテリー駆動時間は9時間半。重さは1.83kgです。
HP Directplus オンラインストア

プレゼン終了後に、この「ENVY14 SPECTRE」の実機に触らせてもらえました。まずは全景。あんまり関係ないですが、篠田麻里子は割と好きです(笑)。

「SPECTRE」のロゴ。

キーボード。打鍵感は良かったです。

Windowsエクスペリエンスインデックス。4.7でした。

で、背面。ここが鏡面になっててものすごく美しいです。写真でも、部屋の壁が反射して写ってますね。

右側面。USB3.0*1、USB2.0*1、LAN、HDMI、Mini DisplayPortを搭載。

左側面。電源とボリューム。それにしても鏡面が美しいです。

写真は以上。とにかく「美しいPC」っていうのが一番の感想でした。そして、Corei7搭載と、全くケチのつけようがありません。値段も張りますが、それだけの価値のあるPCだなと思いました。ガツンとお金を出してこれを買っちゃえば、PCに関する不満は全くなくなるでしょうね。
HP Directplus オンラインストア