今日はMobile in style社のAndroid pad、「eden tab」に触ってきました。私のような泡沫ブロガーが触る機会を作って頂き、ありがとうございます!
7インチタブレット edenTAB
mobile in styleって聞いた事ねーよって人が多いと思いますが、この会社はkingsoft officeとかを出してるkingsoft株式会社と、中国でAndroidフォンを作ってるXiaomi社との合弁で今年の1月5日にできたばっかりの会社。ジョイントベンチャーって奴ですね。Xiaomi社は中国市場でAndroid端末第四位だそうです。

基本スペックは下記の通り。

eden TAB
CPU Samsung S5PC210 1.2GHz Dual Core
システムメモリ 1GB LPDDR2
内蔵メモリ 16GB eMMC
バッテリー 3.7V 3850mAH lithium Polymer Battery
サイズ 199(高さ)×118.8(幅)×10.4mm(厚さ)/330g
液晶サイズ 7インチ
画面解像度 1280×800ドット
無線LAN WiFi 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 2.1 +EDR
価格 29,800円

とりあえずプレゼンを見ます。写真を載せますが、間抜けな私はデジカメを忘れたのでiPhoneで撮ってます。

kingsoft社とXiaomi社との合弁会社であるMobile in style社。

デュアルコアCPU。システムメモリ1GB LPDDR2。内蔵メモリ16GB eMMC。32GBまでのSDカードに対応。

プレゼンが終わったあと、わらわらとみんな集まっていじくり回します。

では、レビュー。

まず外箱。

開けたところ。

電源入れたところ。ちゃんとロックされてます。いわゆる中華Padの仲間なので、もしかしたらそういうの無いかもなと思ってたのですが、ちゃんとありました(笑)。

で、上にクイッとやるとロックが解除されます。美しい青にちょっと高級感を感じます。

で、何しようかなと思ったのですが、おっさんらしく、じゃらんでカプセルホテルの予約の動作を試して見ました。動画にしてます。

※なお、私は携帯端末から位置情報を使ってカプセルホテルを予約できる「カプセルホテル.com」というサイトを運営してます。よろしければ見てみて下さい。宣伝でした。

では、eden TABの動画。

※読み込みでもたついている部分がありますが、無線LANの電波状況が悪かったので、端末のせいではないと思います。おそらく。

触った感じは・・・、なかなかイイ!かなりキビキビ動きます。どのくらいキビキビしてるかっていうのを言葉で表現するのはなかなか難しいですが、私が今使っている、iOS5を入れたiPhone4(Sではない)よりは断然軽快な動きです。iOS4の時のiPhone4には負けるかな?

まあでも、ともかく軽快です。ギリギリ許容範囲って感じではなく、軽快。素直に欲しいと思いました。iPad2と比べたら1万5000円の差がありますしね。今からiPad2を買うなら断然こっちを選びます。

あと、とっても軽い。330グラムだそうです。7インチタブレットとしては最軽量?かな?とにかく軽いです。ちなみに、この会場の片隅に下の写真のようなディスプレイがありました。これには348グラムって書いてあるんですけど・・・、なにか急いで削ったんですかね?(笑)

iPad2を買うなら断然このeden TABを選びますけど、じゃあ、iPad3を待ってる人にはどうか?というと・・・、まあ人によるとは思いますが、快適なブラウジングという意味ではこのeden TABで十分。この値段なら買いでしょう。iPad3より良い端末か?といえば、それは多分iPad3には負けるでしょうね。iPad3の仕様なんか私のような泡沫ブロガーは知る由も無いですが、私がこのeden TABを触った時は、縦画面から横画面に回転させた時、一瞬カクつく場面がありました。

これを見た瞬間、ちょっとガッカリ。これまでのiPhone・iPadの完成度の高さを考えると、そのレベルとは結構な差があるように感じました。なにしろ、ほんの5分程度触っただけで一瞬とはいえカクつく場面があったわけですからね。ついでに言うと、タッチパッドの感度もiPhone4より悪いと感じました。実用には耐えると思いますが。

う~ん、でも欲しい。小遣い3万円の家族持ちサラリーマンとしては、この29,800円という価格が絶妙に迷う金額です。で、iPadよりは微妙に低い完成度。悩みますね~。でも、私の場合なにしろ月の小遣いが3万円なので、iPadシリーズは一生買えない気がします(笑)。それを考えるとこのeden TABは家族持ちサラリーマン向きだな~と思います。ブラウジングには間違いなく十分ですしね。

ついでに言うと、このeden TABは中華Padの仲間のくせに14日間返品無料のお試しサービスが付いてきます。中国資本の入った会社とは思えない正直な商売。これは偉いですね。う~ん、ダメモトで買おうかな。14日間試せるんならいろいろできますしね。

う~ん、悩む。明日また考えよう。ちなみに今日(2月21日)から予約開始2月17日から予約開始が始まっており、25日から順次発送のようです。
7インチタブレット edenTAB

edenTAB関連記事: