私は昔、ギターを持っていました。大学を卒業して以来弾いていませんが、「音楽をやってみたい!」という方の気持ちはとってもよくわかります。そして、社会人になっても音楽活動を続けている方。尊敬します。妻と子供を養って現実との折り合いをつけつつ、夢を持って音楽を続ける姿は人間臭くて美しいです。そんな方々が成り上がる手助けをしてくれるサービスがあります。ミュージシャン・アーティストのためのホームページ作成サービス【FANIC(ファニック)】です。

成り上がりやすくなった現在。でも、やはり壁は有る。

今はインターネットの発達によって、起業や「成り上がり」をしやすくなったといわれています。色んな中間コストがなくなり、「作り手」と「受け手」が繋がりやすくなった。音楽で言えば、ミュージシャンが音楽を作り、それをダイレクトに受け手に売ることができるようになったわけです。

とはいえ、その繋がりやすくなったという仕組みを手軽に導入できるかというと、そうでもないですよね。その売る仕組みを自分で作って導入するというのは、実は今も結構大変です。プログラムを書けないといけないですから。

その壁を乗り越えさせてくれるのが、FANICなんです。

ミュージシャンのためのホームページサービス

FANICには、ミュージシャンのための機能がたくさん詰まっています。

例えば、音楽や歌詞の公開。音楽ファイルってファイル形式によって再生できるソフトと再生できないソフトがあったりして、よくわかんないでしょ?FANICでは、ホームページ側で様々な形式のファイルをmp3形式に変換してくれます。

そして登録したファイルは、視聴してもらうこともできるし、販売することもできます。音楽ファイルだけではなく、動画の公開・販売も可能。曲を複数集めてデジタルアルバムを作ることができ、アルバム単位での販売も可能です。

さらに、iPhone専用アプリもあり。いつでもどこでもiPhoneアプリで録音でき、そのままアップロードして公開、即販売することもできます。例えばUstreamでライブを放送して、それをそのまま録音してライブ終了直後に販売とかもOK。

登録は楽勝!4項目を入力すればOK!


登録画面はこちら。見ての通り、入力欄は4つだけです。月額料金は315円だけ。さらに、3月15日までは無料で利用できます。

この315円。初めてホームページ作成する人には、この315円も結構な壁ですよね。でも、ペットボトルのジュース2本分ぐらいで直接、聴き手にリーチできるっていうのはものすごくお得ですよ。だって、このFANICがなかったら、あなたの音楽をたくさんの人に聞かせるには、音楽業界の会社に何度も何度も売り込みに行って、やっと認められてからも会社の方針に従って動いて、会社の方針に従った音楽を作って・・・って、大変な思いをしたり、売れてからもいろんなシガラミがあったり・・・。だから、自分で直接聴き手に売る手段は持っているべきだと思います。

兼業ミュージシャンの方々。FANICで夢の第一歩を踏み出してみませんか?
ミュージシャン・アーティストのためのホームページ作成サービス【FANIC(ファニック)】