ウチの嫁さんは梅干しが大好きです。気が向くたびに、ドンキホーテの安い梅干しを買ってきます。果肉が軟らかくなってるやつ。私はちょっと高血圧なのであんまり食べられないのですが、たまに誘惑に負けて食べるとその旨いこと。ドンキホーテの情熱価格の梅干しでもこうなんだから、高級な梅干しってどんなに旨いんだろうと思うとヨダレが出て止まりません。

なら、高級梅干しを買ってみようよ

で、ふと思ったんです。これはホワイトデーにかこつけて嫁さんに高級梅干しを買ってみるべきかなと。このブログでは何回か書いてますが、結婚して夫婦になった後のバレンタインデーとホワイトデーには、あんまり形式にこだわらず、相手が本音で欲しいと思っているものをあげるべきだと思うんです。ついでに食品だと食べちゃえば後に残らないので、置き場所に悩むこともありません。

それに、普段はたかが梅干しにお金かけないでしょ?だから、こういう「日常に溶け込んだ食品の高級なやつ」を買うっていうのはイベントにかこつけないとなかなかできないと思うんですよ。うん。

いろいろある「高級梅干し」

それで探してみたんですけど、本命っぽいのは紀州和歌山みなべの梅翁園。一番お得そうなのは訳ありB級 超特大粒 黒みつB880gかな。この梅干はコクのある黒糖漬け。塩分は控えめの5%です。使用している黒糖は、宮古島と石垣島の間に浮かぶ多良間島で生産された沖縄黒糖のみ。「B級」というのは、少し皮が硬めの梅だということ。皮が硬いと、少し味が中に染み込みにくいんだそうです。その点では一級品からは見劣りするんでしょうが、それを十二分にカバーする値段で提供されています。1,800円でなんと大量880g!たーーーーっぷり食べられますね。食べ切るのにご飯が何杯必要なのか気になってしまいます(笑)。

ということで、ウチの嫁さんへのホワイトデーは梅翁園の黒糖梅干で決まり!です。