ウチの娘は来春から大学生です。やはり大学生活は充実させてもらいたいという思いが、私の中にもあります。大学生活の3本柱といえば、学業、サークル、バイト。その中のバイトについて、娘には強く言っておこうと思うことがあります。

大学生がバイトするのは、金銭的には「損」

それは、大学生がバイトするのは、金銭的には損しかしないということ。その意図はこうです。

娘が大学生という立場でいられるのは、親である私がサラリーマンをして稼いで、学費や一人暮らしの費用を娘のために放出しているからです。大学生という立場を親である私が買って、娘に与えているわけです。そして、その娘が大学生という立場を「利用」してバイトをして、お金を稼ぐ。でも、娘が稼ぐお金は、せいぜい時給900円くらいのもの。それに対して、私が稼いでいるお金は時給換算すると3,000円から4,000円くらい。なんというか、縮小再生産みたいなことになるわけです。だから、大学生がバイトで働くことは、金銭的には損、というのが私の理屈。

大学生のバイトは「経験」に主眼を置くべき

でも、じゃあバイトしたらアホなのかといえば、もちろんそんなことは思いません。大学生にとって、バイトは就職前に労働を経験する貴重な場。だから、ウチの娘にもバイトは山ほどやって欲しいです。でも、そのバイトを選ぶ時には時給を選択基準にするんじゃなくて、「その仕事の裏側を見てみたい」みたいな、「経験をする」ということに主眼を置いて欲しいのです。特に私の娘は教員志望なので、そのまま行けば学校の中の世界しか知らないということになります。だから、目一杯バイトをして世の中の経済の現場を経験して欲しい。その時の主眼は「経験」であるべきで、金銭目的でバイトをするというのは完全に本末転倒。お金が欲しいなら、私が稼いで娘にあげたほうが効率が良いわけですから。

学業も、サークルも、バイトも目一杯やれ

「経験」という意味で言えば、学業もサークルも同じこと。とにかく何にでも手を出して、目一杯いろんな事に触れて欲しい。それが私の願いです。逆に、せっかく一人暮らししてるのに、家に引きこもって一日中ゲームをやっていたら・・・、それが私にとっては一番悲しい。いや、それはそれで貴重な経験かな?まあ、人生どう転ぶかわかんないですからね。何が良い経験なのかなんて、明確な判断は付けられるはずがありませんけど。

とにかく、生まれて幼稚園に入ってから高校卒業まででできなかったことをたくさん経験して欲しい。それが、私の娘に大学生活でやって欲しいことです。

実はまだ試験日程は残っているんですが、滑り止めの大学に受かったことで、私の思いはもう大学入学後に飛んでいってしまってます。ちょっとダメな父親ですね。第一志望の大学に受かるように、父親である私ができることを少しでも探さなければ。今日は新しいお守りでも買ってこようかな。