「インターコンチネンタル」って聞いたことありますよね。な~んか、高そうなイメージがあるでしょ?でも、さっき見てみたら意外にもフツーの値段だったんです。

例えば、「ANAインターコンチネンタルホテル東京」。ここは、1室2名の総額で19,000円(税・サービス料込)から。意外とフツーでしょ?この19,000円のプランは、「冬の早得バリューステイ モーニングブッフェプラン」というプランで、モーニングブッフェ付き。豪華ディナーとはいかないけど、遅く起きてのんびり優雅に朝食を取る・・・なんてのもいいじゃないですか。

場所はここ。東京の超ド真ん中ですよ。こんな東京のド真ん中の高級ホテルに1泊1人あたり1万円で泊まれるなんて、全く想像していませんでした。これなら、庶民な私も手が届くかも。

こんな、超オシャレでお得なホテルを予約できるのは、「IHG ANAホテルズグループジャパン」。ちょっと長い名前ですが、「IHG」は「インターコンチネンタルホテルズグループ」の略。ANAは、ご存知の航空会社のANA。IHG ANAホテルズグループジャパンは、イギリスのインターコンチネンタルホテルズグループと、日本の航空会社のANAが提携して展開しているホテル運営会社なんです。「インターコンチネンタル」ブランドのホテルの他にも、、「ANAクラウンプラザホテル」、「ホリデイ・イン」、「ANAホテル」を運営しています。

インターコンチネンタルホテルと全日空ホテル(ANAホテル)が提携しているなんて、高級感がハンパないですよね。でも、上記の通り1泊1人1万円くらいでも泊まれるんです。朝食付きで。たまにホテルのバイキングとかがありますけど、一人5000円とかしますよね。それを払うんだったら、もうちょっと頑張ってホテルからの美しい夜景を楽しんで、快適に眠って、ゆっくり朝食ブッフェを楽しんだほうがいいかも。「たまにはちょっと奮発!」って感じの時にはちょうど良い料金設定ですよね。それで極上の高級感を楽しめる。埼玉県民の私も、無意味に泊まりに行ってもいいかなと思います(笑)。たまには嫁さんにのんびりしてもらおうかな?誕生日プレゼントのネタとしてストックしておきます。