囲碁好きなお父さん、実は結構居ますよね。
私もそう。
子供の頃、父親に教えられて囲碁と将棋を覚えました。

子供の頃はよく打ったものです、父親や友達と。
意外と友達にも打てる子が居ました。

でも、今はまっったく打っていません。
打つ相手が居ないからです。

久しぶりに一局打ちたいな~と思っても、嫁さんも覚えてくれないし、
息子も興味を持ってもらえずダメでした。

じゃあインターネット囲碁!とも思ったのですが、これが全然ダメ。
嫌な人が多いんですよ。

Yahoo!モバゲーに囲碁があって、Yahooのアカウントだけで無料で打てるのでこれはお手軽だな~と思ってやってみたのですが、
とにかく途中退出が多い!
最後まで打てるのなんて、10回やって1回あるかないか、です。
無料だから、テキトーにやっちゃう人が多いんでしょうね。
それに、「あんた弱いね」とか、「おめーみてーな囲碁ヲタ、キモいんだよ!!(こっちが優勢の時)」とか、暴言も結構ありました。
なので、もうやる気なし。

もう一生囲碁をやることは無いのかな~と思っていたのですが、よさげなのがありました。
会員制インターネット囲碁サロン「石音」です。

インターネット囲碁サロン

「囲碁サロン」って言葉、懐かしいですね。
趣味の囲碁人たちが集まって囲碁を打つ場所です。
子供の頃、道端から「オジサン達がいっぱいいるな~」とか「一回入ってみたいな~」とか思いながら見ていたのを良く覚えています。

インターネット全盛の今、やはり囲碁サロンもインターネット上にできているわけです。

でも、Yahoo!モバゲーの囲碁だって、囲碁サロンと言えば囲碁サロンですよね。
会員制インターネット囲碁サロン「石音」は何が違うのかというと、一番の違いは有料だということです。

「本気の有料」だからこそ快適なサロンになる

「石音」は、入会金2,100円、月額会員費2,415円。
なんとなく、
「有料の方が本気で囲碁をやりたい人が入ってくるから良さそうだよね」
ってことは想像が付くと思います。
でも、「石音」は、ただ漫然とお金を取っているだけではありません。
会員の本気度を引き上げる仕組みを持っているんです。

「石音」には、「公式戦」があります。
まず個人戦として、100人参加のリーグ戦、「石音スーパーリーグ」。
5級から七段までの方が、ハンデ戦で戦います。
参加者は、平均10局程度、1週間に1~2局程度づつ戦っていきます。

さらに、忙しいサラリーマンのお父さんには嬉しい、「スーパー早碁トーナメント」。
これは土曜夜に、NHK杯方式で、1手30秒での対戦です。
打つ方も楽しいし、観戦もできます。
観戦されながら打つのは心地良い緊張が味わえますよ!

そして、団体戦。
「都道府県対抗団体トーナメント」です。
これは登録すると、「石音」側で自動的に3人のチームを組んでくれます。
この団体戦を通して知り合いも増えていきます。

ちょっと団体戦だと足を引っ張っちゃうよなあ・・・と思っている2桁級のあなたなら、「Iリーグ」。
20級~初段を対象としたリーグ戦です。
19路(大きい碁盤)ではなく9路での対戦も可能。
まだまだ棋力が高くない方でも楽しめます。

そうそう、気力を高めたい方なら「指導碁サービス」。
1局1,000円の別料金になりますが、各種囲碁番組で活躍中の稲葉禄子インストラクターが指導碁を打ってくれます。
ちなみに、指導碁の観戦もできます。
この指導碁も、無料お試し登録で観戦できますので、是非お試しあれ。

もちろん、その場その場で自由に打つ「自由対局場」もあります。
常時100人~400人が打ってます。
級位だけ表示して、匿名で気楽に打てます。
ここも無料お試し登録で観戦できますので、見てみては?

ちょっと囲碁から遠ざかってしまっていたお父さん。
久しぶりに囲碁、やりましょう!