家族を養うために、会社で働いているお父さんたち。
会社で、
「会計は社会人なら前提知識!!簿記を取れ!!」
ってよく言われませんか?

私はシステムエンジニアをしているのですが、よく言われましたよ。
なんで技術者がエンピツ持って勉強しなきゃなんねえんだよ!!と、反発していたものです。

それでも尻を叩かれて少しづつ簿記3級を勉強していくにつれて、だんだんと世界が広がる感覚を強く感じたのを覚えています。

簿記を勉強して仕訳に慣れてくると、仕訳を通していろんな業務の中身が見えるようになるんですよ。
そして会計システム関連の仕事を担当して、お客さんが切っている仕訳をたくさん見て、だいぶ会計がわかるようになりました。
そうして簿記の楽しさを知り、何とか簿記3級まで取得しました。

簿記はリスクヘッジツールとして抜群

実は、私は鬱で会社を辞めたことがあります。

「鬱病持ちの人間なんて、雇いたがる会社なんて無い・・・。」

そう思っていました。

でも、いざ転職活動をしてみると、鬱病持ちの私でも、興味を持ってくれる会社があったんです。
そして、何とか転職に成功しました。
入社して馴染んできた頃に、上司に

「回復しているとはいえ、鬱病持ちの経歴を持つ人間を雇うのって、怖く無かったですか?」

と聞いてみたのですが、返ってきたのはこんな言葉。

「そりゃあ怖かったよ。今も怖いよ。
 でも、システムと会計の両方を知っているっていうのはすごく魅力を感じたんだよな。」

そう、何かと会計を両方知っている人は強いんです。

システムと会計。
営業と会計。
物流と会計。
マーケティングと会計。

会計と何か、2つ知っていると、すごく魅力的な人材になれるんです!

簿記を取ったら給料が劇的に上がるか?と言ったらそうでもないかもしれませんが、
私のように鬱になったり、会社が倒産したり、そういうハプニングに見舞われて職にあぶれた時。
簿記3級を持っていると、次の職を早く確実に見つけられる可能性はグンと上がります。

この混沌とした時代に、簿記3級は素晴らしいリスクヘッジツールです。

ユーキャンで簿記3級を取ろう!

そして、簿記3級を取ろう!と考えた方。
教材は何を使いますか?

私は、ユーキャンをお勧めします。
ユーキャンの簿記(3級)講座

ユーキャンの簿記3級講座は、知識ゼロの初心者の方が前提のテキスト。
まさに、何も知らない初心者用です。
1日30分~60分、3ヶ月で合格力を練成!

しかも、質問はいつでもメールやFAXで受け付けてくれます。
平日日中なら電話での問い合わせもOK!

いつでも質問できる、というのは簿記を勉強する上では最も重要です。
なぜなら、簿記は「知識を蓄積する」というよりは、「技術を身につける」、職人的な能力だから。
簿記は「知識」ではなく、「技術」や「感覚」というべきものなんです。

簿記はテキストを読むだけでは身につくものではありません。
脳味噌をたくさん働かせて、たくさん疑問を持ち、その疑問を解消していくことが、簿記の「技」を習得するには不可欠なのです。
普通に本屋に売っているテキストでは、こんなサービスはなかなか受けられません。
大手のユーキャンだからこそできる、手厚いサポートなのです。

とはいえ、なかなか踏ん切りがつかない・・・という方も多いと思います。
まずは資料請求だけでもしてみてはいかがですか?
ユーキャンの簿記(3級)講座