2011年度から、小学校のカリキュラムが大きく変わりました。
英語が必修になったんです。

新小学校学習指導要領によれば、小学校での英語教育は、
「外国語を通じて、言語や文化について体験的に理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り、外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しませながら、コミュニケーション能力の素地を養う。」
というのが目的。

体験的に理解を深め

「体験的に理解を深め」、つまり、座学で勉強というよりは、生の英語を実際に聞いて「体で覚える」方向で学ぶということ。

積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成

これは、これまで日本の英語教育で散々言われ続けてきたことですね。
読み書きだけではなく、喋ろう。喋ろうという姿勢を見に付けよう、ということ。

外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しませ

「慣れ親しむ」というのが重要なポイント。
「覚える」のではないんですね。
「慣れる」「親しむ」。
つまり、あんまり細かいことを気にせずにとにかく楽しく喋ってみよう!ということです。

コミュニケーション能力の素地を養う

で、そういったことを通して、中学校以降で英語力を身につけていくにあたっての「素地」を養う。

それが、小学校における英語教育なんです。

でも、どうせやるんだったら、ねぇ。

それが小学校での英語教育。
でも、どうせやるんだったら。目標があったほうが頑張りがきくはず。
だから、英検の受験をお勧めします。

私も、あんまり子供の尻を叩きまくって受験させるのは良いとは思いません。
でも、もしかしたら、子供自身が「もっと英語を勉強したい!」と思っているかもしれません。
その可能性を捨てるのはあまりにももったいないと思うのです。

手軽に試せる、「旺文社 英検ネットドリル」

そこで、ごく簡単に試せる英検対策をご紹介します。
それが、「旺文社 英検ネットドリル」です。
5級から準2級まで対応しています。

是非、リンク先の「サンプル体験」をクリックしてみて下さい。
サンプル体験は英検3級レベルだそうです。

こんな感じの問題が出ます。

正解だと大きくマルのアニメーション。

で、レベルアップ(笑)

間違いだと、しっかり解説文が出てきます。

並べ替え問題なんかも。

こんな感じでお手軽に体験できます。

これを見て面白そう!という反応が返ってきたら、とりあえず英検5級から目指してみてはいかがでしょうか?
英検5級は、最年少合格者はなんと2歳。
最年長合格者は93歳だそうです。
問題文の漢字にはひらがなのルビが振られていて、小学生でも安心して受けられる内容になっています。

お子さんの可能性をしっかり拾い上げるために、ちょっとだけ、「旺文社 英検ネットドリル」を試してみませんか?