引っ越してきた時にご近所さんに配る引越しそば。
この習慣、だいぶ廃れてきているようです。

引越しそばとは、、
「細く長くお世話になります」という意味と、「そばに越して来ました」に掛け合わせ、
蕎麦を向こう三軒両隣・大家に配るもので、江戸時代に江戸を中心に始まったといわれています。

何をすることか半数は知らない

ズバット引越し比較を運営するウェブクルーの調査によると、
引越しそばの意味を、「引越しをしたときに近隣の家に蕎麦を配る風習」と正しく答えられたのは半数以下の45%。
残りの人のうち、「引越しをしたときに自分たちが蕎麦を食べる風習」と間違えて答えた人が44%。
拮抗していますね。
もはや、本来の意味は薄れてしまっているようです。
風習なんて時代で変わるものですから、これから時間が経てば、「蕎麦を食べる風習」に変わっているかもしれませんね。

私も家族を持ってから引っ越したことがありますが、蕎麦は配らず、洗剤を配りました。
一応引っ越しそばの風習は知っていましたけど、過去の経験だともらったことは無かったですし。

引越し蕎麦の認知度が高い地域は、関東、甲信越、東北地方

引越し蕎麦の認知度が高い地域は、関東、甲信越、東北地方なんだそうです。
これは、引越し蕎麦の風習が元々関東から広がった風習であること。
確かに、「細く長く」や「そばに越してきました」の掛け言葉は江戸っ子が好きそうですよね。
あと、甲信越と東北には蕎麦の名産(信州蕎麦とわんこそば)があることが要因として考えられるそうです。

引越し蕎麦を配った経験がある人は僅か6%!

そして、実際に引越し蕎麦を配ったことがある人は僅か6%しか居ないそうです。
現在はタオル、洗剤などの日用品を配ることが一般的となり、引越しの挨拶を行わないケースも増えていることから、引越し蕎麦の風習はほとんど残っていないといえそうだ、とのこと。
確かに今の時代、これから近くに住むとはいえ、見ず知らずであった人から貰った食品を食べるのは抵抗があるかも。
そういうところも影響して、日用品にシフトしていっているのかもしれませんね。

その他、独自の風習も・・・

真偽のほどはわかりませんが、

・名古屋の嫁入り引越しの場合、トラックは絶対にバックしてはいけない。バックは出戻りという意味で縁起が悪いため、前方から車が来たときは謝礼を払ってでも相手にバックしてもらう
・香川県讃岐地方では、引越し蕎麦ならぬ引越しうどんが行われる。おもには、引越し家の家族が、引越し終了時に食べるものであるが、特筆すべきは家長が風呂につかりながらうどんを食する点である。
・沖縄では、引越し当日、知人、友人が集まり酒を飲んで邪気払いをします。
・スペインの風習ですが、引越しして新しい家に入った友人に、塩、コメ、コインを送る習慣があります。 これは、新しい家で、健康(塩)、食べものに困らない(コメ)、お金に恵まれる(コイン)ように という願いが込められているそうです。

などなど、地方によって色々な風習があるようです。

ということで、引越しそばはもはや廃れてしまった風習と言っていいでしょう。
とはいえ、隣近所に挨拶をしないというのもどうかと思いますから、やっぱりタオルや洗剤を配りにいく、というのが無難なのかもしれませんね。