子供って、デジタルモノが大好き。
ゲームはもちろん、iPhoneも触りますし、パソコンも興味ありげに覗き込んできます。
小さい頃は、電卓でさえ遊び道具にしちゃいます。
高校生になれば携帯に夢中。

そこでオススメしたいのが、電子辞書XD-B4850です。

調べたくなる辞書

大きくなったお子さんの目に、電子辞書はおもちゃ箱のように写るでしょう。
キーボードを触るだけで楽しくなるのが高校生という時期。
とにかく触りたい。触るために調べたい。
順序が逆かもしれませんが、それでもいいんです。
お子さんにとって、勉強は苦痛が伴うのが正直なところでしょう。
その勉強の中に楽しさが一つ増えるのですから。

大人が子供の勉強のためにできることって、直接的には少ないです。
この電子辞書を買ってあげるのは、その数少ない一つ。

軽い!

そして、電子辞書の長所はなんと言っても軽いこと。
大学受験を経験したお父さん・お母さんなら、毎日辞書を持って登下校するのが大変だったはず。
高校生ともなると、英語の辞書はもちろん、古語や単語帳なども持ち歩くことになったりします。
その重さ、毎日苦痛だったでしょ?
登下校だけで疲れて、家に帰る頃にはもう勉強したくない・・・なんてことも容易に想像できます。

それに、英語の辞書で言うと。
昔は重いから英和・和英が一冊になった辞書を持ち歩くのが普通だったと思いますが、
そういう辞書って語彙が少なかったですよね。
なので、結局肝心な時に単語が載っていなかったり。
また、本当に英語のニュアンスをつかむには、英和・和英だけじゃなくて、英英辞典も欲しいところ。

もっと言えば、国語辞典も・・・と、挙げ始めるときりがありません。

もし、英和辞典・和英辞典・英英辞典・古語辞典・国語辞典を普通の本で持ち運ぼうとすると。
1冊約1kgですから、実に5kg。
ちょっと毎日運ぶのは無理ですね。

でも、電子辞書ならそれらの辞書を毎日肌身離さず持ち歩けます。
その重さは約300グラム。
とにかくその軽さは最大のメリットです。

140個の「辞書」を内蔵

そして、この300グラムに入っているのは上記5つの辞典だけではありません。
入っているのは、実に140個の「辞書」。
普通は「辞書」と呼ばないものも入れて140個なのですが、これがまた役に立ちます。

国語系で国語辞典・古語辞典の他にも、合計11個の辞典。
英語系で英和・和英・英英の他にも、合計8個の辞典。

英会話・トラベル系で合計42個のコンテンツ。
この42個の中には英語だけではなく、
スペイン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、韓国語、タイ語、ロシア語、ブラジル・ポルトガル語、フィリピン語、トルコ語、ベトナム語、インドネシア語
も、入っています。
英語以外の言語が入っていると、大学の専攻を選ぶ際にも役立ちそうですね。
もしかしたら、「中国語をやりたい!」って思うかもしれません。
英語以外の外国語に触れる機会はなかなかないですから、これは貴重な経験になります。
ついでに、イヤホンで発音を聞くこともできます。

その他、日本史事典、世界史事典。
年号だけではなく説明文も載っています。
これも、電子辞書じゃなかったら日常的に持ち運ばないものですね。

その他、単語帳やTOEIC対策、生活・実用関連のコンテンツも多数収録。
合計140コンテンツを内蔵しています。

理系のお子さんのための事典も掲載

載っているのは文系教科の辞典だけではありません。
生物、物理、化学、地学の事典も掲載。
しかも画像入りですから頭に入りやすいです。

そして、数学公式集と物理公式集。
理系の私としては、これは今の受験生が心底うらやましい!!
数学の公式集って、一回使い始めると手放せなくなるくらい勉強に役立つんです。
なので私も肌身離さず持ち歩きたかったのですが、やはり英語辞典が重いので日常的に持ち運ぶのを断念。
家にいるときだけしか使えませんでした。
それを、簡単に持ち歩けるのですから・・・、本当にいい時代になったものです。

名前を入れて愛着を持ってもらう

そして、この電子辞書により愛着を持ってもらうために。
名前刻印サービスがあります。

上の図でわかるように、このサービスでは名前を刻印してもらえます。
これはカシオ公式オンラインショッピングのe-casioだけのサービス。

しかも、たった1050円と格安です。
この1050円で少しでも愛着が湧いて勉強のやる気が出るのならくれるのなら、安いものですよね。

でもお高いんでしょ?

この電子辞書XD-B4850は、上記のe-casioで38,800円。
正直言って安い買い物ではありません。

でも、なにしろお子さんを重い辞書を運ぶ重労働から開放してあげられるんです。
しかも、普通は持ち運ぶのを断念するような、
英英辞典、日本史事典、世界史事典、生物事典、物理事典、化学事典、地学用語集、数学公式集、物理公式集・・・、
そんなたくさんの事典等を常に持っていけるんです。
毎日、どこでも気が向いたときに、やる気が出た教科の勉強ができる。
お子さんのストレスを大幅に軽減し、勉強に、より一層集中することができます。

そして、「時間を買う」という意味でも威力を発揮します。
受験生なら、勉強時間は喉から手が出るほど欲しいもの。
電子辞書なら、ページをめくらずに文字を入れて検索するだけ。
見たい情報にすぐにたどり着けます。
時間も短縮できるし、集中力が途切れることなく勉強を進めることができます。

これだけのメリットを考えれば、38,800円は安い買い物です。
高校生なら必需品でしょう。

親が受験生のお子さんにできることは、数少ないです。
だからこそ、できることは何でもやってあげましょう。
その数少ない「できること」の一つが、電子辞書を買ってあげることです。

お子さんのために、買ってあげてください。