あなたが死んだ時。
あなたのお葬式に、いくらかかるか知っていますか?

まあ人並みでいいんじゃないの?と思っているあなた。
その「人並み」が大変なんです。

葬儀費用は地域差が大きいのですが、
一番高い愛知・岐阜・静岡・長野・山梨の中部地区では平均 378.9万円、
一番安い栃木・茨城・群馬・千葉の関東地域で平均 165.1万円。
全国平均では、236万円 だそうです。

「人並み」でも、236万円です。
もし今あなたが死んだら、残された家族の方は、この236万円をポンっと出せますか?

かき集めれば何とか払えるにしても、すぐにその金額の現金を用意できる人は少ないはず。

何も言い残さなければ236万円を目指してしまう

あなたの意思を何も示さなければ、
残された家族はきっと、何とか「人並み」にしようと頑張ってしまいます。
そして当然、葬儀会社も「人並み」のプランを平均的なプランとして提示するはず。
残された家族としては、細かいことをわからないまま、そのプランを選んでしまいます。

だから、もし質素にしたいのであれば、あなたの意思を示しておく必要があります。

とはいえ、何もないところから細かいところまで突き詰めて考えるのは大変でしょう。
とりあえず、資料請求して、質素な葬儀について情報を集めておくことべき。
オススメは、「小さなお葬式」です。
この会社のお葬式は、なんと総額金額17万8000円からプランがあります。
お通夜・告別式もやりたいなら、49万8000円から。
それでも、全国平均の236万円よりはずぅぅっと安いですよね。

実際にそのプランでやるかどうかは別にしても、
まずはこの「小さなお葬式」の資料請求をして、夫婦で話し合うことをオススメします。
この会社のプランを実際にみて話をすることで、
「少なくとも、自分の葬式は質素にして欲しいと本気で思っている」
ということが相手に伝わります。
そうすると、いざというときはそのイメージを軸にどんな葬儀にすればいいのか考えられるので、
残された家族も、スムーズに葬儀社を選び、準備を進めることができるようになります。



あなたの意思を全く知らない状態で、あなたの葬儀を考えるのは大変辛いことです。
ぜひとも資料請求をして、葬儀について話し、あなたの意思を家族に伝えて下さい。

子供に「死」を認識させる。

そして、その話し合いはお子さんにも聞かせてあげましょう。
死を考えることは、人生観の確立に重要なことです。

人はいつか死ぬもの。
「お父さんも、お母さんも、いつかは死ぬんだ。」
と感じることが、お子さんにとって大きなプラスになります。

子供はよくワガママを言います。
もちろんそれは普通のことです。
でも、そのワガママは、「お父さんやお母さんに何かをして欲しい」という依頼心から生まれてきます。
それは、お父さんやお母さんが、お子さんにとって絶対的な存在だから生まれてくる言葉です。

でも、そのお父さん・お母さんがいつかは死ぬのだと具体的にわかった時。
お子さんの心の中には、大きなパラダイムシフトが起こります。
絶対的な存在から、いつかは消えてしまう存在として認識されるのです。

いつかは消えてしまう、とわかれば、過度な依頼心は消えていきます。
もちろん、ワガママはすぐには消えることは無いでしょう。
でも、ワガママを言うにしても、お子さん自身で「これは自分の甘えなのだ」ということを認識しつつ、何か違うということを感じながら言うようになると思います。

小さなお葬式」の資料請求をすることで、
お子さんにそのような成長をさせることができます。

夫婦お互いのためにも、お子さんのためにも、是非「小さなお葬式」の資料請求をして下さい。