赤ちゃんに哺乳瓶でミルクを飲ませる。
これからママになる人にとっては、最高に幸せな時間に思えるでしょう。
最初は確かにそうです。

でも。
毎日何度も飲ませていくと、だんだんと、自分の時間を奪われる苦痛な時間になっていきます。
もちろん、親ならそれを乗り越えなければなりませんし、実際に乗り越えている人がほとんどでしょう。
でも、大変なのは間違いありません。

授乳で大変なのは、ミルクを飲み終わった後にゲップを出すこと。
なかなかゲップが出なくて、いつ終わるのかわからない作業をイライラしながらする人も多いはず。

そのゲップを軽減してくれるのが、ドクターベッタの哺乳瓶です。

ミルクの対流が起こりにくい哺乳瓶

まずは、ドクターベッタ哺乳瓶の実物を見てみて下さい。



首のところがちょっと曲がっていて、普通の哺乳瓶と違いますよね。
ここがポイントです。

普通のストレートな形の哺乳瓶だと、赤ちゃんがミルクを飲むときにできた泡が勢い良く上に浮いていくため、哺乳瓶の中に上下方向のミルクの流れができてしまいます。
その流れに乗って、泡が下の方にも流れてきて、それを赤ちゃんが飲んでしまい、ゲップの元になってしまうのです。

ドクターベッタ哺乳瓶は、口のところが曲がっているために、泡が斜めに、瓶の形に沿ってゆっくりと上がっていきます。
そのために瓶内に対流が起こりづらく、泡が下に流れてきません。
その結果、赤ちゃんは空気を飲まず、ゲップが出づらくなるのです。

普通の哺乳瓶でミルクを飲ませた後は、ゲップが出るまで延々とゲップ出しをしなければなりませんが、
ドクターベッタ哺乳瓶で飲ませた場合は、2~3分くらい時間を決めてゲップ出しをすれば、それでOKだと思います。

時間が読める快適さ

ゲップ出しはゲップが出るまでやらなくてはならない、となると、授乳の一連の作業にかかる時間は、かなり運の要素に左右されます。
赤ちゃんがミルクを飲む時間は比較的一定していますので、ゲップ出しの時間がだいたい決まってくれば、授乳にかかる時間も一定になります。

つまり、ドクターベッタ哺乳瓶を使うと授乳にかかる時間が一定になり、
時間が読めるので、授乳にまつわるイライラがかなり解消されます。
もちろん赤ちゃんにとっても、空気を飲んでしまってゲップが出てくるのは不快なはずなので、快適に過ごせるでしょう。

時間を買う感覚で、ドクターベッタ哺乳瓶を買おう

ドクターベッタ哺乳瓶は、哺乳瓶としては安くはありません。
赤ちゃんにやさしい哺乳瓶セット」で、哺乳瓶大中小3つといろんな周辺器具がついて1万円ちょっとです。
普通の哺乳瓶の倍ぐらいかな?
つまり、5000円くらい高いですね。

でも、その5000円を上乗せしてドクターベッタ哺乳瓶で授乳すれば、毎日のゲップ出しの苦痛な時間が減ります。
単に時間が短縮できるだけではありません。「苦痛な時間」を短縮できます。
長く使うものでもありますから、その価値を考えたら、5000円の差なんて誤差の範囲でしょう。

是非とも、ドクターベッタ哺乳瓶で快適な育児をして下さい!



ベッタ関連記事: