— 2012.10.23追記ここから —
赤本確保に焦る方のために、簡単に赤本の在庫情報がわかるサイトを作りました。
赤本在庫情報.comです。
— 2012.10.23追記ここまで —
大学受験する事は決めているけど、志望校がなかなか決まらない子。
第一志望校は決まったけど、併願する私立大学を決められない子。
そんな子、多いですよね。

無理もない事です。
高校生が自由な大学生活を想像する事は難しいですし、
いろんな大学の違いを見極めるなんてできなくて当然です。

結局、情報が足りない中で決断するしかないわけです。
しかし高校生くらいでは、まだ人生を左右する決断をする事に慣れていません。
そこには、周りの大人の手助けがほんの少し必要でしょう。

では、どんな手助けをすれば良いのか?

成長の機会を奪うな

最悪なのは、「早稲田大学に行きなさい」みたいな言い方で、結論を与えてしまうことです。
高1、高2くらいの間に、とりあえずの目標に置いてあげるのはいいかもしれませんが、
現実的に選択する段になってその選択を親がしてしまっては、せっかくの成長の機会を奪ってしまいます。
良い人生を送るためには、自分の人生は自分でハンドリングしていくことが不可欠です。
受験は、その意識を植え付ける絶好の機会なのです。

「親の敷いたレールの上をずっと走ってきた・・・」

なんて、子供に言われたくないでしょ?

思考を進める技術を教える

受験校の選択は、何としても子供自身にやってもらわなくてはなりません。
しかし、子供にとっては、その選択は重くてどうしても腰が引けてしまいます。

その時に親がやるべきなのは、その大きな段差に、少しづつ進むためのハシゴをかけてあげることです。
そのための言葉は、

「とりあえず、どの大学の赤本を買うか決めてよ。」

です。

「どの大学の赤本を買うか」という選択は、受験校を選ぶという選択よりも軽い選択です。
でも、それなりに数を絞って選ばなくてはなりません。

また、こちらの記事でも書きましたが、
毎年、赤本は受験日が近くなるにつれて売り切れが発生するものです。
それを伝えると、程よくお子さんの背中を押してくれると思います。

そして、この言葉を伝えたら一週間ぐらい待ってみましょう。
それで、4校か5校くらいに絞れていれば、ひとまず安心してもいいのではないでしょうか。

それでも決められなければ、とりあえずわかっている情報を集めるように言ってみましょう。
具体的には、各大学の受験日と、学部のリストです。

受験日が重なっていれば、同時に両方を受けることはできません。
どうにかして優先度をつけて、どちらかを選ぶ必要があります。
でも、たくさんの大学の中から1校を選ぶよりは、2つの大学のうちどちらが良いかを選ぶほうが簡単でしょう。

また、行きたいと思っている学部が無ければ、当然受ける必要は無いはずです。
そんなことは言われなくてもわかっているかもしれません。
でも、実際にリストアップすることが重要なのです。
ぼんやりとしたイメージしか持っていなかったのが、いざ条件をあてはめて具体的にリストアップしてみたら1校しか残らなかった、というのもよくある話です。

そうやって対象の大学が絞られてきたら、是非褒めてあげてください。

「ほら、こうやってここまで選べたじゃないか。
 具体的な言葉にはできないかもしれないけど、お前の中にはちゃんと選択基準があるんだよ。」

って。
そこまでたどり着けば、日々勉強しながら、第一志望校を固めていくことも自分でできると思います。

受験は、単純に学力を向上させるだけでなく、
巨大なテーマにどのように立ち向かっていくか、という生きるための技術を教えられる貴重な機会です。
フルに活用して、お子さんに生きる力をつけてもらいましょう。