さっき、なんとなく検索してみたら懐かしい都市の名前が出てきました。
リストヴァンカ。
ロシアの中心部、三日月の形をしたバイカル湖のほとりの小さな町です。
本当に本当に小さな町・・・というか、住民らしき人は一度も見ませんでした。


リストヴァンカ

ここには大学4年の夏休みの時に行きました。
友人たちがニュージーランドやタイやインドに行くのを見て、
どこか、他に誰も行かなそうなところはどこかな?と考えてたどり着いたのがバイカル湖でした。
中学生のときに世界地図を見て、ロシアの真ん中にある三日月の形の湖が忘れられなかったんです(笑)。

さっき書いたとおりリストヴァンカはとても小さい町で、宿なんか無さそうに思えたので、
バイカル湖から60kmほどアムール川を上ったところにある大都市、イルクーツクに一週間滞在。
6日間は市内観光で、1日だけバイカル湖に行くことにしたんです。

イルクーツクからバイカル湖までは、ジェットフォイルみたいな船(現地ではラケッタという)でアムール川を下って2時間ほど。
リストヴァンカにたどり着くと、港に出店があるだけの寂しい寂しい町でした。

バイカル湖のほとりをゆっくりと歩いていくと、ホテルが見えてきました。
こんな、誰もいないようなところにホテルがあったのか!と驚いたのを良く覚えています。
最初から知っていれば、ここに泊まっても良かったのに・・・とちょっと後悔しました。

そのホテルが、Baikalskye Terema Hotelです。

なんでこんな辺鄙なところのホテルが、日本語のサイトに載ってるんだ!と驚きました。
サイトの名前は、エクスペディア
最近、結構CMやったりしてますよね。

この辺鄙なリストヴァンカの宿まで載っているということは、世界中のあらゆるところのホテルが載っているんだろうなと思って調べてみると。
いつか行きたいと思っているユジノサハリンスク(サハリン)やノーム(ベーリング海峡沿い)の宿も載っていました。


ユジノサハリンスク


ノーム

どう考えても需要が少なそうな町だというのに、これだけの宿を載せているのは本当に凄い!と思います。
ノームなんて人口たったの3,590人の小さな村ですよ!
この小さな村の宿を、遠く離れた日本から空室検索して予約できるなんて本当に凄い。
あれだけCMを打ってるだけあって、かなり本気で世界中の宿を網羅しているようです。

ホテルだけでなく、航空券や、パックツアーも扱ってるみたいなので色々とプランを練ることができそうです。
あと、「バーゲンハンター」なるページがあって、値下げ情報を毎日更新しているそうです。
これはなかなかお得そう。

見るだけでもだいぶ楽しめそうなので、マニアックな都市を色々調べてみようと思います(笑)